いまは定義しない それでも“heyっぽさ”を体現するデザイナーたちがサービス統合をへて向かう先

いまは定義しない それでも“heyっぽさ”を体現するデザイナーたちがサービス統合をへて向かう先
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/26 08:00

 企業のデザイナーチームをリレー形式でつないでいく本連載。クックパッドからの推薦を受け取材したのは、コイニー社とストアーズ・ドット・ジェーピー社(以下、ストアーズ社)の経営統合により生まれたhey。今年の1月末に、この2社がそれぞれ提供していたサービスを「STORES」へ統合することでも話題を集めた。編集部が取材を行ったのがその2日前だったこともあり、今回はデザイナー組織だけでなく、サービス統合の裏側についても話を聞くことにした。コイニー社のデザインを束ねている松本さんと、ストアーズ社でその役割を担っている荒木さんの話を伺う中で感じたのは、“いま”のheyという組織のひとつのキーワードは、“あえて言葉で定義しない”ことではないか、ということだ。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。