豊富な機能をもつB向け製品だから意識していることとは ブレインパッドのデザインを支える4名が語る

豊富な機能をもつB向け製品だから意識していることとは ブレインパッドのデザインを支える4名が語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/30 08:00

 ビッグデータの活用やデジタルマーケティングに強みをもつブレインパッド。主力製品のひとつでもある自社開発データビジネス・プラットフォーム「Rtoaster(アールトースター)」の特徴ともいえるのが、各企業にパーソナライズするための多彩な機能だろう。データの統合や外部ツールとの連携はもちろん、コンテンツの解析、自動セグメント分析、アプリ接客にいたるまで、30を超える機能を搭載している。マーケティング関連製品というと一見難しそうなイメージを持たれがちだが、さらにこれだけ豊富な機能を有しているRtoasterはどのように開発されているのだろう。今回は、プロダクト開発部長の上川晃二朗さん、デザイナーの佐藤雅史さん、則松幸靖さん、満嶋紗季さんの4名に話を聞いた。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。