アドビ、写真編集モバイルアプリ「Lightroom」の広告キャンペーンを展開 山手線車両内でのCMも

2019/08/01 14:00

 アドビ システムズ(以下 アドビ)は、写真編集モバイルアプリ「Adobe Photoshop Lightroom」をスマホでの写真撮影を楽しむ幅広いユーザーに知ってもらうことを目的に、山手線車両内でのCMをはじめとした広告キャンペーンを8月初旬より実施する。

 期間中、SHIBUYA109渋谷で開催される「VINYL MUSEUM x SHIBUYA109」にアドビがコラボレーションする撮影スポットが登場。さらにLightroomで編集した写真のコンテストをInstagram上で実施する。

 Adobe Photoshop Lightroomは、デスクトップ、モバイルアプリの両方に対応しており、簡単な操作でよりこだわりの写真に仕上げられるアプリとなっている。写真を高画質のまま調整でき、元の写真も編集後の写真もクラウドに保存され、検索用のキーワードが自動的にタグ付けされる。そのため写真の整理も簡単にでき、完成した写真は手軽にSNSなどに投稿することができる。

SHIBUYA109で空を飛ぶ蝶と共に幻想的な写真

アドビは、8月3日から9月1日までSHIBUYA109で開催する「VINYL MUSEUM x SHIBUYA109」(主催:THECOO)とコラボレーションする。VINYL MUSEUMは、来場者が作品の一部となって写真や動画を撮影できる参加型フォトジェニック・アート展で、展示作品はすべて自撮りも含めて撮影が可能。

アドビは5階特設会場に、空を飛ぶ蝶をネオンで表現し幻想的な写真が撮影できるスペースを展開。この撮影スペースで、Lightroomモバイル版からスマホのカメラを起動し、露出などの詳細な設定をして自撮りを含めた写真撮影ができる。撮影後に補正などもでき、思い通りの写真をSNSにその場で投稿することが可能。

夏休み中の「旅」をテーマにしたフォトコンテスト開催

8月1日から8月31日まで「Instagramフォトコンテスト」を実施。テーマは「旅」。週末のちょっとしたお出かけから夏休みの海外旅行まで旅先で出会う美しい風景や友人とのスナップ、思い出のワンシーン、カフェでのテーブルフォトまで、「旅」に関するさまざまな写真を募集する。

東京圏で交通広告を展開

8月5日から、東京圏を中心に交通広告(トレインチャンネル、渋谷のデジタルサイネージなど)で、モデルの山賀琴子さんを起用したLightroomの動画広告を展開する。