エドウイン、使えるビジネスデニム「エドウイン・デニスラ」発売 ハキカタ改革推進リーダーに島耕作を起用

2020/02/17 14:00

 デニム素材を中心とする日本のファッションブランドであるエドウインは、デニムカジュアルを核とする新たな提案として、これからのビジネススタイルに対応する「エドウイン・デニスラ」シリーズを展開。第1弾として「エドウイン・デニスラ EXECUTIVE」を2月20日より発売する。

 同シリーズは、働き方改革に伴う服装のカジュアル化や自由化の導入により、これまで慣れ親しんだスーツスタイルとは違う新しい着こなしに頭を悩ませるビジネスマンに向け、パンツの穿き方からはじまる新しい変革(=ハキカタ改革)を提案する。

 同社では、同改革を実践し推進するリーダーとして、日本を代表するビジネスマンである『島耕作』シリーズ(弘兼憲史/講談社)の主人公・島耕作を迎え、ハキカタ改革促進のプロモーションをスタート。デニスラとジャケットでジャケパンスタイルをコーディネートした島耕作は、弘兼憲史氏が描きおろした。

 同シリーズは、すべてのビジネスマンに向けて、ジャケットに合わせるとベストなバランスとなるスッキリとしたシルエットを目指し、ジーンズ特有のバックヨークの仕様を背面に融合することで、間延びしないコンパクトでシワの出にくいきれいなヒップラインを特徴とする。

 ビジネスシーンで重要となるキレイ目な印象を保つため、型崩れしにくく、色落ちや色褪せしづらいデニスラ専用の生地を採用。さらに、スマートフォン専用ポケットやシャツのすべり止めがついたベルト裏地など、ビジネスシーンに対応するこだわりの機能も設計している。商品はすべて同社の日本国内自社工場で縫製・洗い加工を施し、仕上げている。

 シリーズ第1段として「デニスラEXECUTIVE」を発売。エグゼクティブモデルとして、大切な商談、会議、プレゼンにも最適な美脚が映える「エレガント・フィット」と、出張、移動、デスクワークに最適で、いつでもラクラクでストレスフリーな「コンフォート・フィット」の2モデルを展開する。

デニスラEXECUTIVEエレガント

大事な商談にも充分に適用可能。デニムであることとエレガントさが共存する。ジャケットとのバランスも絶妙に美しい、あらゆるビジネスシーンに映えるデニスラ。

デニスラEXECUTIVEコンフォート

圧倒的な穿きやすさにこだわったラクラクニットデニム。移動の多い出張も快適に過ごせるコンフォートモデル。ビジネスシーンをよりアクティブに変えるデニスラ。

 また、同シリーズの発売を記念し、日本を代表するメンズブランド TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)と同シリーズのコラボレーションによる働き方とはき方を改革するポップアップストアを、西武池袋本店(2/19~3/3)・横浜タカシマヤ(2/19~3/3)・新宿タカシマヤ(2/20~3/3)の3店舗にて開催する。