フードデリバリーサービス「DiDi Food」、実証実験を大阪で開始 ウェブサイト公開とアプリの提供も

2020/03/24 10:55

 人工知能(AI)を活用した配車サービス「DiDi」が、フードデリバリーサービス「DiDi Food」の本格的なサービス開始に向け、2020 年 4 月 7 日(火)より実証実験を開始する。この実証実験は大阪府大阪市内の主要6区(※)で、限定したレストランのメニューを、配達パートナーが注文から30分以内で配達するもの。また、DiDi Foodアプリ(iOS 版・Android 版)の提供も開始している。

※対象となるのは、大阪府大阪市の DiDi Food 対象予定エリア(福島区、北区、中央区、西区、浪速区、天王寺区。

 DiDi Foodでは、タップひとつで食い倒れの街・大阪の名物や、日々口にする大手飲食チェーン店の料理など、さまざまな人気メニューを自宅で楽しむことができる。日本国内において、新型コロナウイルス感染症の対応に収束が見えていない状況を踏まえ、DiDi Foodの本格的なサービスの開始については適切な時期を検討していく。

サービスの流れ

  1. 「DiDi Food」アプリ(iOS 版・Android 版)をインストール、またはDiDi Foodサービス圏内で配車アプリ「DiDi」に出現する遷移タブを開く。なおタブは、DiDiをDiDi Foodのサービス対象エリア内で利用の際のみ現れる。
  2. DiDi Foodアプリ上で好きな料理を選び、料金と配達予定時間が表示される。
  3. 料理をカートに入れ、金額を確認の上「注文する」をタップする。