“正しさ”のもとに メルペイのデザイナーたちが体現する新しいチームの形

“正しさ”のもとに メルペイのデザイナーたちが体現する新しいチームの形
2019/09/30 08:00

 企業のデザイナーチームをリレー形式で紹介する本連載。前回のピースオブケイクからバトンを受けとったのは、メルペイ。株式会社メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」が提供するスマホ決済サービスを運営しており、2019年7月MMD研究所が発表した「2019年7月 QRコード決済の満足度調査」においては「総合満足度」で1位に輝いた。この功績に貢献しているのが、今回取材をしたデザイナーチームだ。彼らはデザイナーとして、単にプロダクトを作っているのではない。プロダクトを通して「経験」を作っている。そのために重きをおくのは、顧客と作り手をつなぐコミュニケーターとしての役割だ。リアルとウェブをつなぐ使命を持った、新たな時代に向かうデザインチームとは。彼らが目指す「信用」と「新たな体験」を創るデザインとは。

UXリサーチャーを含む3つのチーム編成

 メルペイのデザイナー組織は「プロダクトデザイナー」「ビジュアルデザイナー」「UXリサーチャー」という3つのチームで編成されている。

「会社が大きくなるにつれて、リクエストの種類も量も増えていきました。デザイナーを3つのチームに分けることでより専門的な知識を集め、その力を育て、総合的に強いデザイナー組織を作りたかったんです」(佐久間由太加さん/マネージャー)

株式会社メルペイ デザイナー 佐久間由太加さん
株式会社メルペイ デザイナー 佐久間由太加さん

 チームメンバー内でもっとも多いのは「プロダクトデザイナー」。いわゆるサービスのデザインづくりに携わっている。サービスリリース前は、加盟店向けと顧客向けのふたつのチームに明確にわかれていたが、現在はその垣根を超えた動きも増えているという。

 もうひとつのチームは「ビジュアルデザイナー」。カンファレンスや店頭の販促物など、オフラインのデザインを一手に引き受ける。スマホ決済というリアルとウェブをつなげるサービスとして欠かせない役割であり、今後力を入れるために、絶賛仲間を募集中だ。

 さらに、3つ目のチーム「UXリサーチャー」がデザイナーチームの中にいることがメルペイの大きな特徴となる。顧客の体験に関わるフィールドリサーチやインタビューを担当し、現在2名体制で動いている。

「毎週、曜日を決めてお客様にお越しいただき、UXリサーチを社内で行っています。時には社内でだけではなく、カフェで実際に決済をしてもらったり、コンビニに一緒に出かけて支払うところを観察したりもします。また、店舗側の視点でも同様に、メルペイを導入するとどんなことが起こるのか、課題の整理をするための情報を集めます」(松薗美帆さん/UXリサーチャー)

株式会社メルペイ UXリサーチャー 松薗美帆さん
株式会社メルペイ UXリサーチャー 松薗美帆さん

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。