ワコム、Windows 10対応スマートスタイラスペン「Bamboo Ink Plus」発売 ペン先の描き味も選択可能

2019/08/22 12:10

 ワコムは、Windows 10デバイスで利用可能な筆圧対応スマートスタイラスペン「Bamboo Ink Plus」を2019年8月29日に発売する。それに先立ち、8月22日(木)よりワコムストアおよび一部販売店にて事前販売予約の受付を開始する。

 Windows 10対応のBamboo Ink PlusはWindows Inkを活用して、メモ書きやイラスト、スケッチに適した筆圧対応の極細ペン先のスタイラスペン。傾き検知機能(一部の対応デバイスのみ)や低荷重でなめらかな書き味を実現した。また、より高精度に描ける新形状のペン先を採用し、好みに合わせてソフト、ミディアム、ハードの異なる描き味のペン先を選ぶことが可能。USB Type-Cケーブルによる充電式で、長時間快適に使用することができる。

 さまざまなデジタルペンの互換性実現のために2016年にワコムが開始した「ユニバーサル・ペン・フレームワーク (UPF) 」でマイクロソフト社とパートナーシップを結んだことにより、Bamboo Ink Plusを「Windows Ink」に最適化し、より多くのペン対応デバイスでの利用が可能となった。Bamboo Ink PlusはワコムのアクティブES (AES) 1.0と2.0ならびにMicrosoft Penプロトコル (MPP) 1.5と2.0のペン入力方式に対応している。

 対応機種は今後もアップデートをしていく予定。