C&R社、4K解像度の一体型VRゴーグル「IDEALENS K4」の日本正規版を販売開始

2019/09/09 13:45

 プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(以下、C&R社)のVR分野の子会社、VR Japan (以下VRJ)は、4K解像度の一体型VRゴーグル「IDEALENS K4(アイデアレンズ ケイフォー)」日本正規版の販売を開始した。

 IDEALENS K4は、C&R社およびVRJがこれまで販売してきたIDEALENS社の一体型VRゴーグル「IDEALENS K2+」の後継機で、高性能のプロセッサとフルハイビジョンの4倍にあたる4Kのディスプレイを搭載した、最新のハイエンド機種となる。

 IDEALENS K4の主な特徴は下記のとおり。

  • 高性能プロセッサ (「Snapdragon 835」)と高画質ディスプレイの採用により、ダイナミックなVR体験を実現。
  • スピーカーやマイクを内蔵し、さまざまなVRの利用シーンをサポート。
  • VRアプリや360度動画のほか、全天球静止画 (縦360度+横360度) 、2D・3D動画などのコンテンツを体験可能。
  • 「NOLO CV1」6DoF(※)モーショントラッキング使用で、6DoFのアプリケーションにも対応可能。
  • HTC Corporation社運営のVRコンテンツストア「VIVEPORT」に接続することで、1,300本を超えるVRゲーム・動画コンテンツが楽しめる。
  • 国内の修理拠点やサポートデスクなどのサポート体制を用意。

※6DoFとは、前進・後退、左右の移動、上下動、ヨー(左右に旋回)、ピッチ(見上げる・見下ろす)の6つの動きの自由度のこと。