デザインプラットフォーム「Figma」が日本へ本格進出 今後数ヵ月をめどに日本語版をリリースする予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/03/16 11:41

 ブラウザ上で共同編集できるデザインプラットフォーム「Figma(フィグマ)」を提供するFigma, Inc.(本社:アメリカ・サンフランシスコ)は、アジアで初の拠点となる日本法人を設立し、カントリーマネージャーとして川延 浩彰(かわのべひろあき)氏が就任したことを発表した。

 これまでサンフランシスコとロンドンにオフィス拠点を設けてきたFigmaは、日本国内でも採用活動を強化していき、今後数ヶ月をめどに日本語版をリリースする予定。Figmaの製品が英語以外で公式に利用できるようになるのは、今回が初めてとなる。

 Figmaの日本進出への背景には、2019年末にFigma本社の製品並びに営業チームが日本へ市場調査に訪れたことや、直近1年間で(ユーザーの登録数ベースで)約2倍に拡大した活発なデザイナーコミュニティの存在がある。

 日本は、デザインとテクノロジーのグローバルリーダーとしてのポジションだけでなく、デザイン思考を持った楽天、Yahoo! JAPAN、リクルートのようなリーダー企業を含む多くの顧客が存在する重要な市場。このような背景から、アジア最初の拠点として日本にFigma Japanを設立するという決断に至ったとのこと。

 Figmaの共同創業者でCEOのDylan Field (ディラン・フィールド) 氏は、次のように述べている。

「世界中の顧客やユーザーコミュニティと交流することは、私の大好きな仕事の一つです。こうした出会いを通じ、デザインプロセスの多くは世界共通である一方、文化的な違いによって異なる製品ニーズがあることを学びました。日本法人を設立し、日本市場向けのローカライズを行うことにより、この重要なコミュニティにFigmaがより一層普及し、『すべての人がデザインを利用できるようにする』という私たちのビジョンの実現に近づけてくれると考えています。この度、日本のカントリーマネージャーとして川延を迎え入れることができて大変嬉しく思います。川延の今までの経験や、製品やコミュニティに対する情熱が、この重要な日本市場においてFigmaを次のレベルへ引き揚げてくれると確信しております」

 Figmaは、Dylan Field とEvan Wallace (エヴァン・ウォレス) 氏によって2012年に設立された。ブラウザ上で操作できるFigmaのソフトウェアは、世界中のどこにいても、どのパソコンからでも、チームメンバーとブレーンストーミングをしたり、デザインを設計・構築したりできる。

 デザインコラボレーションツール「Figma」と、最近リリースされたオンラインホワイトボードツール「FigJam」は、ツールの統合やワークフローの簡素化といったデザイン業務における課題を、よりオープンで効率的かつ、楽しく解決する。

 カントリーマネージャーに就任した川延浩彰氏は、これまでBrightcove, Inc.のシニアバイスプレジデントおよび日本法人代表を務めていた。

 川延氏はFigma日本法人の統括として、日本でのユーザーの成功を支援する営業スタッフやサポートスタッフとともに、日本事業を推進していく。

 川延氏は次のように述べている。

「Figmaの日本法人設立によって、我々の製品の発展に日々貢献していただいているお客様や、デザイナーコミュニティをより良い形でサポートすることが可能になります。Figmaが掲げているビジョンである『すべての人がデザインを利用できるようにする』は、デザイナーのみならず、すべての関係者にとってよりデザインが身近なものになることを目指しています。Figmaをご活用いただくことで、お客様がデザインプロセスにより多くの関係者を招き入れることができ、その結果としてより良いデジタル製品を構築することができます。Figmaが、日本のデジタルトランスフォーメーションやデザイン経営のさらなる発展に貢献できることを大変嬉しく思います」

顧客からのコメント

楽天グループ株式会社 クリエイティブデザイン戦略部 ジェネラルマネージャー 鍋嶋靖弘氏

「このたびは日本オフィスの設立、誠におめでとうございます。楽天グループでは、顧客志向の視点を、全社横断的に各サービスのUX/UIデザインに浸透させていく取り組み『Rakuten Experience(ReX)』を推進しています。この取り組みにおいて、Figmaを活用し、デザインの構造化と品質統一化を可能とする独自のデザインシステムを構築したことで、異なるデザインチーム間でのコラボレーションが可能となり、顧客体験向上の支えとなっています」

ヤフー株式会社 デザイン横断部 部長 鈴木辰顕氏

「Figma Japan設立おめでとうございます。Figmaは現在のデザイン業界において、とても重要な立ち位置にいると思います。Yahoo! JAPANはコロナ禍において、リモートワークが中心の業務環境へ移行をしましたが、そのような変化においても、今までと変わらずデザインワークができている要因の一つにFigmaの存在があります。

リモートワーク下になっても、デザイナー同士だけでなくプロジェクトメンバー全員とも、デザインの過程を相互に見せ合い、理解することができ、デザイナーとしての成長を促進させることができるツールと考えています。Figmaには、今後もユーザーが期待する機能を積極的にリリースし、様々な考えをユーザーに問いかけて欲しいです。

また、日本のデザイン業界により一層ポジティブなインパクトをもたらすことを期待しています」

株式会社リクルート プロダクトデザイン室 デザインマネジメントユニット デザインマネジメント部/株式会社ニジボックス 執行役員 サービスプロデュース事業 本部長 丸山 潤氏

「Figma Japanの設立おめでとうございます。心からお喜び申し上げます。

昨今、「デザイン」はビジネスだけではなく、経営や社会的な取り組みにおいても必要とされ、その知識はデザイナーだけではなく、より幅広い領域で必要なものとなっているように思います。

『Figma』にはビジネスとクリエイティブの観点で双方向にコラボレートし、イノベーションを起こせる可能性を感じています。

日本での体制強化によって、世界に向かって日本のサービスが数多く進出してゆくことを期待いたします」

Figma ユーザーコミュニティからのコメント

Friends of Figma Tokyo Community Advocate一同

「Figmaを使い始める前は、デザインを共有するためにPDFの書き出しをしたり、対面で画面を見せたりしていましたが、Figmaを使い始めた後は、検討中のデザインでもステークホルダー達にすぐに共有・フィードバックをもらえるようになり、感銘を受けました。デザイナーやプロダクトチーム内だけのデザインツールにとどまらないFigmaは、プロダクトを作っていく中で欠かせないツールの1つとなりました。

Figma Japanが設立されたことにより、今からFriends of Figma Tokyoを立ち上げていく中で、Figma Japanと相互に協力し、日本のFigma Communityを今後一緒に盛り上げていけることを期待しています。日本のFriends of Figmaの活動にご興味を持っていただいた方は、是非https://friends.figma.com/tokyo/ よりご参加ください。一緒に日本のFigma Communityを盛り上げましょう!あらためて日本法人の設立を非常にうれしく思います!」

designsystems.tokyo 主催 佐藤 伸哉氏

「Figma Japan 日本法人設立おめでとうございます!日本での本格事業展開にワクワクしています!

designsystems.tokyoは、デザインシステムの開発や運用を実践している実務者のコミュニティです。Figmaは、参加企業19社の中でも今やデザインツールのデファクトスタンダードとして最も利用されているツールです。オンラインでのリアルタイム共同作業が当たり前の昨今、Figmaは当初からその機能を備え、デザイン開発のみでなくDesignOpsまで考慮した理想のツールです。今後は日本語でも積極的に声をとどける機会ができることが大変楽しみです!」

Figmaについて

Figmaは、チームで共同編集可能なデザイン設計のプラットフォーム。GoogleやMicrosoft、New York Timesなどの企業で利用されており、より優れたデザインを生み出し、共有し、テストし、リリースするために必要な、ブレインストーミングから構築までの全プロセスをウェブ上で行うことのできるアプリケーション。Figmaは、デザインをよりオープンに、効率的に、そして楽しいものにする。ツールの統合、ワークフローの簡素化、チームやタイムゾーンを超えたコラボレーションなどに役立ち、チームメンバーが考えを共有するための助けとなる。

Figma Japan株式会社 日本カントリー・マネージャー 川延 浩彰(かわのべ ひろあき)氏

下関市立大学経済学部卒業後、兼松エレクトロニクスに入社。その後、渡米を経て、カナダビクトリア大学でMBA(Entrepreneurship専攻)修了。帰国後、2011年3月からブライトコーブにてマーケティング、営業など様々な業務に携わり、日本のメディア事業統括並びに営業責任者を歴任、韓国事業GMを経て本社SVP兼代表取締役社長に就任。2022年1月にFigmaのVision『すべての人がデザインを利用できるようにする』に強く共感し、Figmaの日本カントリー・マネージャーに就任。愛知県出身、フットサルと旅行をこよなく愛する2児の父。