HIS、創業40周年目を迎え10年ぶりにコーポレートロゴを一新

2019/11/01 10:45

 エイチ・アイ・エス(以下、HIS)は、創業40周年目を迎える11月1日より、新たな挑戦への決意を込め、コーポレートロゴを一新する。

 HISは、「自然の摂理にのっとり、人類の創造的発展と世界平和に寄与する」というグループ企業理念とともに、「“挑戦者”であるというアイデンティティを、この先もずっと持ち続けたい」「多角化しているグループ全体の指針となる“未来の旗印“をつくりたい」という想いから、コーポレートロゴを10年ぶりに変更する。

哲学的デザインについて

地球上すべての人に対してサービスを提供する存在でありたい

アルファベット中心のタイプロゴだった旧ロゴとは違い、「HIS」の文字の後ろに、四角と円のシンプルなモチーフを配置。古今東西、誰もが親しみやすいカタチだけでも、HISが連想されるよう、世界中のありとあらゆる人が、そのカタチを見れば、触れれば、安心できる・ワクワクできるようにとの願いを込めている。

形状的デザインについて

世界を繋ぐ空の色

HISの象徴であるブルーだが、新しいロゴのブルーの名は「HIS Connected Blue」とした。

型にはまらない/枠におさまらない

ひとつとして同じカタチでないモチーフは、型破り・枠を飛び出すHISのスタンスを象徴している。デザイン自体が新しい可能性への挑戦。挑戦というDNAを練り込んだ。

角のある世界をまるくする。世界平和の理念

鋭い台形からまろやかな円へ。常に先端で尖りながら、世界を変えていき、地球を丸くする。それは、HISの理念である世界平和への挑戦・信念を表している。

地軸の角度=前進する力

モチーフは地軸の角度に傾いています。姿は変わらずとも、円形部分も傾けている。その地軸の角度は、前のめりな姿勢、HISの前進する力を表現している。

シルエットについて

シンボリックなマークだけのデザインをシルエットと呼ぶのは、新HISロゴに込められた思想哲学から生まれた新しい概念。グループをシンボリックに表現するものであり、哲学的デザインに込めた「言葉をこえて語り掛けるカタチ」である。

HISグループのグローバルブランディング

この先のHISグループの発展のために、より一層の世界におけるグループブランド価値向上のために、シルエットをつかったデザインを展開していく予定。

非顕示的なデザインが求められるシーン

すでに完成されたブランドやクリエイティビティとコラボレーション(あるいは、スポンサード)する際に、顕示的・主張的なことが必ずしもベストではない場面、尊敬の念を伝えたい場面など、HISはシルエットを使用していく。