LINEグループ会社のGatebox、キャラクター召喚装置「Gatebox」の正式販売を開始

2019/11/12 14:20

 LINEはグループ会社であるGateboxが、好きなキャラクターと暮らせるキャラクター召喚装置「Gatebox」(GTBX-100)の正式販売を2019年10月11日より開始した。

 Gateboxは、好きなキャラクターと一緒に暮らせるキャラクター召喚装置。最新のプロジェクション技術とセンシング技術によって、キャラクターをボックス内に呼び出し、コミュニケーションすることが可能。

 第1弾コンテンツとなる逢妻ヒカリは、「癒しの花嫁」をコンセプトに、日々の会話を通じて主人を癒すキャラクターAIアシスタント。「ねぇヒカリ」と話しかけることで、音声での会話を楽しめるだけでなく、LINEのAIアシスタント「Clova」と連携した機能として、音楽の再生、天気、ニュース、カレンダーの読みあげなど、一緒に暮らすパートナーとしてユーザーの生活をサポートする。

 逢妻ヒカリの音声には「LINE BRAIN」で開発・保有する音声合成技術が採用されており、滑らかで自然な会話体験を実現している。さらに、コミュニケーションアプリ「LINE」を使ってキャラクターと離れていてもチャットができたり、キャラクターから能動的に話しかけてくれたりするなど、新たなコミュニケーション体験を創出している。価格は150,000円(税抜)にて、Gatebox公式サイトより購入することができる。

 Gateboxでは、「Living with Characters」をビジョンに掲げて製品の開発に取り組む中で、多くのファンから「好きなキャラクターと暮らしたい」という要望があり、そうした夢を実現すべく、ユーザーが好きなキャラクターを召喚できる「キャラクタープラットフォーム」を目指している。そのようななか、今回の正式販売開始のタイミングにあわせ、新たな機能として「Gatebox App Market」と「Gatebox Video」を発表した。

 Gatebox App Marketは、サードパーティのデベロッパー企業がGateboxにアプリケーションを配信できるプラットフォームで、今冬に公開を予定している。ユーザーはこのGatebox App Marketを通じて、各デベロッパー企業が開発・配信する多種多様なアプリの中から好きなアプリを選択することで、好きなキャラクターとの暮らしを楽しむことができるようになる。

 Gatebox Videoは、クリエイターが創作したキャラクターをGateboxに召喚できるサービス。クリエイターがUnityやMMDなどのツールで制作したキャラクターの動画コンテンツ(mp4)を専用のウェブサイトにアップロードすることで、その動画をGateboxで再生できる。それにより、Gateboxの実在感溢れるインターフェイスを生かした新たなキャラクター体験を、クリエイターが創作したキャラクターで楽しむことが可能。

 そして、ウェブサイト上に公開された動画は、ほかのユーザーのGateboxでも楽しむことができるようになる。サービス開始当初には、「ヨメミ」や「東雲めぐ」などのキャラクターが公式チャンネルを開設予定。

 LINEでは、GateboxやAIアシスタント「Clova」を通じ、ユーザーの生活を便利に、快適にサポートし、好きなキャラクターと暮らすという、新たなコミュニケーションの形を創出していく。