TBSラジオ、“音で観る映画”をポッドキャスト配信するサービス&ブランド「AudioMovie」を設立

2019/11/15 12:55

 TBSラジオは、“音で想像の世界に連れ出す、没入感あふれる新体験・音声コンテンツ作品”をポッドキャスト配信で提供するサービス&ブランド「AudioMovie(オーディオムービー)~音で観る映画」を設立した。2019年11月22日(金)よりコンテンツ配信を開始する。

 また、Screenless Media Lab.監修で、同サービスの音声コンテンツ制作に関する脚本設定や演出効果などのバイブルとなるブランド規格「AudioMovie Code(以下、AMC)」を研究開発・作成。AMCを、多くのシナリオライターやディレクターなどのクリエイターに公開。同時に、広くAMCに合う企画・作品を募集する。

 同サービスは、音声コンテンツ市場にて“放送”とは異なるサービスに取り組み、“音声コンテンツを楽しむ生活習慣を醸成し、人の想像力を育み、生活を豊かにする”ことを目標にしている。

サービス&ブランド名とコンセプト

顧客ファーストな発想で今のニーズにすばやく柔軟に対応し、ほかのサービスと共存する。音(聴点)をきっかけに多面的でオーセンティックに「想像×体験」を良質なコンテンツで提供する。なお、ロゴデザインはBirdman inc.が手掛けた。

ロゴデザイ:Birdman inc.

 配信第1弾となる作品は、TBSラジオ×ファントム・フィルム共同制作の『THE GUILTY / ギルティ by AudioMovie』。(※1年間限定で、2020年11月21日までの配信)

 なお、配信前夜である2019年11月21日(木)にサービス&ブランド発表・特別先行試聴会が実施される。