ホロラボら、3D CADやBIMで設計したデータをAR/MR向けに自動変換する「mixpace」iPad対応版提供へ

2019/11/20 11:45

 SB C&Sとホロラボは、3D CAD(Computer Aided Design)やBIM(Building Information Modeling)で作成した設計データを自動でAR/MRに変換する製造業・建設業向け可視化ソリューション「mixpace(ミクスペース)」のiPad対応版を2019年12月3日から提供を開始する。

 なお、iPad対応版のリリースにともない、従来の契約で利用できるユーザー数を5ユーザーから10ユーザーに変更する。

 同ソリューションは、手軽に3D CADやBIMで作成したデータをAR/MR対応デバイスで確認が可能なモデルに変換でき、主に設計、製造、建設、配置シミュレーション、施工、保守などの各シーンにおいて、リアルスケールおよびデジタルモックアップでの活用を簡単に行うことが可能。これまで同ソリューションに対応しているデバイスは、Microsoft HoloLens のみだった。

 同ソリューションの主な特徴は、下記のとおり。

  • 3D CAD、BIMデータをアップロードすると、自動でAR/MR向けに変換
  • AR/MR開発の専用スキルがない人でも利用できる
  • クラウドサービスを活用することで、場所や環境を選ばずいつでも利用可能
  • オートデスク社のAutodesk Forgeを採用し、数十種類のファイルフォーマットに対応。オートデスク社の3D CAD、BIMソフトウェアで活用できる各種データ形式のほか、中間ファイル形式などの主要なファイル形式に対応(一部対象外あり)
  • 変換されたデータは日本マイクロフトが提供するクラウドプラットホーム「Microsoft Azure」上のセキュアなストレージに保存。高いセキュリティーを保持。