フェンリル、動画や画像をテレビの画面で閲覧できるAndroid TV向けウェブブラウザをリリース

2019/11/22 12:20

 デザインと技術にこだわったソフトウェア開発を行うフェンリルは、CCC AIRが発売する新しいAndroid TV搭載デバイス「Air Stick 4K Joystick edition」にプリインストールされた、「Sleipnir TV for Android TV」をリリースした。

 同ソフトは、Air Stick 4K Joystick editionの専用リモコンに搭載されたジョイスティックを使って、思いのままにポインタを動かせる新しいウェブブラウザ。リンクのクリックも画面のスクロールも、速やかに操作できる。(従来製品のAir StickとAir Stick 4Kでは、上下左右キーで操作)

 Sleipnir TV for Android TVを使えば、これまでスマホで見ていた動画や画像も、テレビの大画面で楽しむことができる。同ソフトの主な特徴は、下記のとおり。

タブを活かして、気になる動画をコレクション

気になる動画はタブに開いたままにし、コレクションすることができる。あとで見返したい好みの動画はタブに貯めておけば、思い出したときにすぐに切り替え可能。タブはサムネイルとともに表示されるため、たくさん貯め込んでもあとから中身を思い出すことができる。

また、ブックマークや履歴も備えており、何度も見る動画サイトはブックマークに登録し、すばやく開き直しが可能。あとから思い出したページも、履歴から見つけることができる。

片手操作で、ソファに座ったまますぐに検索

音声検索を使えば、リモコンに話しかけるだけで即座にウェブを検索できる。Android TV標準の音声認識を使用しており、自然に話せば充分にキーワードを認識する。文字のほうが入力しやすいキーワードには、ボタンで操作する画面上のキーボードも使用できる。

リモコンひとつで思いのままに操作

リンクをクリックしたいときは、目的の場所まで最短距離でポインタを合わせるだけ。ジョイスティックに対応しており、従来のテレビ向けブラウザのように十字キーで1コマずつ選択する必要はない。動画の前半部分を飛ばしたい時も、シークバーをクリックすればクライマックスまで移動できる。

利用方法

同ソフトは、CCC AIRが販売するAir Stick 4K Joystick editionにプリインストールされている。また、これまでに販売されているAir Stick、Air Stick 4Kにも、システムを更新することでインストールされる。

なお、同ソフトのすべての機能を使うには、Air Stick 4K Joystick editionと付属の専用リモコンが必要