NTTコムと日建設計、新しい空間体験を提供する写真撮影サービス「AIR FINDER」を開始

2019/12/03 18:35

 NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は、同社のカメラシェアリングサービス「PaN」に、日建設計のデザインを融合させた、新しい空間体験を提供する写真撮影サービス「AIR FINDER」の提供を、2019年12月5日より開始する。

 なお同サービスは、新しく開業する渋谷の商業施設「東急プラザ渋谷」の18階屋上広場にて、12月5日から体験することができる。

 NTT Comは、2017年から、商業施設やイベント会場などに設置されたカメラを利用者がシェアできるカメラシェアリングサービス、PaNを提供している。PaNは、建物に据え付けられたカメラを使った自分では撮れないアングルからの自撮りや、背景を合成した自撮り、あるいはARによるキャラクターと一緒の自撮りなどの撮影体験を提供してきた。

 その後2018年より、大型施設や公共空間のデザイン実績を持つ日建設計とともに検討を重ね、2019年9月には同社と共同事業契約を結び、都市空間での体験をより魅力的に切り取る写真撮影サービス、AIR FINDERの開発を行ってきた。

 AIR FINDERは、商業施設などに設置した高画質の4Kカメラを、利用者が自分のスマホから遠隔でシャッターを切って撮影することを可能にするサービス。利用者は、スマホのブラウザを使って、撮影だけでなく画像のダウンロードも行うことができる。自分では撮影できない空間を背景にした自撮りを実現し、その空間ならではの特別な体験を提供する。

 また、導入する施設においては、シャッターを切るための操作端末を屋外に設置する必要がない。カメラを設置できる環境があれば、制約条件の多い屋上などの外部環境でも設備一式を容易に導入することができる。