富士フイルム、文字やイラストを抜き出して写真と合成ができるカメラアプリ「Fontgenic」の提供を開始

2020/01/23 18:35

 富士フイルムは、手書きのメッセージやイラストなどの“文字”を撮影した画像から抜き出し、スタンプのように別の被写体に重ねて写真撮影ができるスマホ向けカメラアプリ「Fontgenic」の提供を開始した。

 使いかたは、撮影した画像から“文字”や“イラスト”を抜き出し、抜き出した“文字”や“イラスト”をスタンプのように重ね、もう1度写真撮影する2ステップとなっている。

 おもな機能は下記のとおり。

文字などの抜き出し(クロップ)

手書きの文字やイラストをその場で撮影して抜き出したり、スマホ内に保存している画像から抜き出すことも可能。

抜き出した文字などの加工

抜き出した文字などの、拡大・縮小、回転、および色の変更などを行うことができる。また、文字などと一緒に抜き出された背景やノイズを消すためのノイズ除去や消しゴム機能も搭載。被写体に合わせて加工することで、より完成度の高い写真が撮影できる。

文字などを重ねた撮影機能

抜き出した文字などと重ねて写真撮影ができる。抜き出した文字などは、スマホ内に保存している画像と重ねることも可能。

抜き出した文字などの保存機能(マイコレクション)

抜き出した文字などはアプリ内に保存することができる。抜き出した文字などをコレクションしたり、友達との写真や趣味写真をいつも同じ文字などを重ねて撮影するといったシーンで利用できる。

 富士フイルムは、今後も多様化するユーザーのニーズに応え、快適なサービスと高品質な製品を提供し続けるとともに、「撮る、残す、飾る、そして贈る」という写真本来の価値を伝え続けていく。