化粧品ブランドのエテュセ、新たなコンセプトのもとブランドを刷新 アートディレクターに吉田ユニ氏を起用

2020/02/13 13:40

 株式会社エテュセが展開する化粧品ブランド「エテュセ」は、誕生から30年目を迎える2020年に新たなコンセプトのもと、デザイン、コミュニケーション、商品ラインナップを刷新する。第1弾として、ポイントメイク商品を2020年3月26日(木)に発売(一部店舗で2020年3月12日より先行発売)。第2弾は2020年4月23日(木)に、ベースメイク商品を発売する。

 同社は、1991年に「自由のステキ」を標榜する化粧品ブランドとして誕生した。誕生から30年目を迎える2020年、ユーザーのライフスタイルやメイク意識の変化に合わせて、ブランドをリニューアル。自分らしく自然体でおしゃれなライフスタイルを送る20代女性に向けたブランドとして生まれ変わる。アートディレクターには吉田ユニ氏を起用。また、新たなブランドメッセージを発表する。

新ブランドメッセージ

 さらに、同ブランドでは新たなコンセプトのもと、17商品が新登場。肌色にとらわれず、好きな洋服を手に取るような感覚で選べる新感覚グロスを中心に、引き出した印象が違和感なく続くアイメイク商品、どんな肌でも自然体でリラックスして過ごせるベースメイク商品、全17商品を発売する。