JAXAとリコー、宇宙空間で使用可能な小型全天球カメラを共同開発

2019/08/29 09:00

 宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)とリコーは、宇宙空間(宇宙船外)で360度の全方位を一度に撮影できる小型全天球カメラを共同開発した。

 本カメラは、JAXAとソニーコンピュータサイエンス研究所が将来の衛星間や地上との大容量リアルタイムデータ通信の実現を目指して共同開発した小型衛星光通信実験装置「SOLISS」の2軸ジンバル部の動作確認のためのモニタカメラとして採用されている。

左:開発カメラの外観/右:SOLISSの外観
左:開発カメラの外観/右:SOLISSの外観

 JAXAおよびリコーは、2018年に相互連携に関する覚書を締結し、共同で本カメラの開発を行ってきた。開発したカメラは、リコーが市販する小型の全天球カメラ「RICOH THETA(シータ)」をベースに、宇宙空間の温度、放射線など、宇宙環境に耐えるための措置を行っている。また、360度全方位の同時撮影が可能なため、カメラのサイズ・重量を抑えながら、多くの視覚情報を得ることが可能である。

 2019年9月11日に打ち上げ予定の宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機で国際宇宙ステーション(ISS)へ送り届けられ、「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームから360度の全天球静止画・動画を撮影し、地上に送信する予定。

 今後、JAXAは本技術を宇宙探査機等の船外モニタカメラとして活用することを目指す。