アシックス、隈研吾氏とコラボしたランニングシューズ「METARIDE AMU」を2020足限定で発売

2019/11/12 16:00

 アシックスは、建築家の隈研吾氏とコラボレーションした初めてのランニングシューズ「METARIDE AMU(メタライド アム)」を、12月20日から直営店「アシックス原宿フラッグシップ」「アシックス大阪心斎橋」「アシックス大阪LINKS UMEDA」と、アシックスオンラインストアで順次発売する。メーカー希望小売価格は36,000円+税で、世界で2020足限定で販売する。

 今回発売する商品は、2019年2月発売の、より少ない力で、より長く走ることをコンセプトにした、さまざまなレベルのランナーに新しいランニング感覚を提供する「METARIDE(メタライド)」をベースに、環境に配慮した優しい建築を目指す隈氏のアイデアがスペシャルシューズ。

 アッパー(甲被)は、日本の伝統的な竹細工技法の「やたら編み」から着想を得た、テープ状の素材が複雑に交差した独自のデザインとなっており、テープの位置や形状は、足を覆うニット素材とあいまってランニング時の足をやわらかくしっかりホールドするよう設計している。

 靴底は、木材由来のセルロースナノファイバー(CNF)を用いたミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)を採用するとともに、素材本来の温もりのある色合いを生かし、無着色のまま成型している。

 本リリースにあたり、隈研吾氏は以下のようにコメントしている。

「僕たちの作る建築で最も小さなものとして、ランニングシューズを作った。竹細工技法のひとつである『やたら編み』のような外皮と、やわらかに足に追従するニット素材の内皮が作る二つのレイヤーによって、屈曲やねじれの組み合わさったランニングの複雑な動きに追従する動く建築となった」