料理写真共有アプリ「SnapDish」が新ソリューション提供へ オンラインお花見にはらでぃっしゅぼーやらが協賛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/26 10:30

 料理写真共有アプリ「SnapDish」 (以下、スナップディッシュ) を運営するヴァズは、おもに食品・飲料メーカーに向けて、生活者とのオンラインでのコミュニケーション充実のためのオンラインイベントのソリューションを4月より販売開始する。

 本サービスは、食品・飲料メーカーのファン構築の仕組みをオンラインイベントに拡張するサービス。ヴァズではこれまで「ファンマーケティング」に注力し、スナップディッシュユーザーとのリアルイベントや料理投稿による体験共有を通じて、商品の認知のみならずその商品のファンになってもらうことを目的としたマーケティングを食品・飲料メーカーとともに行ってきた。

 本サービス開始の背景として、昨今の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響で外出を自粛せざるを得ないユーザーたちの声や、ヴァズが従来実施していたリアルイベントへの参加が難しかった地方ユーザーたちの声がある。それらに応えるべく、場所の制約を越えてオンラインイベントでの体験共有の機会を提供することで、メーカーと生活者とのエンゲージメントを高め、ファンマーケティングを強化する。

 販売開始に先がけて、ヴァズでは「桜が満開の時期にお花見ができない」というユーザーの声を受け、3月25日に植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営するGreenSnapと共同で、食品・飲料メーカー5社の協力を仰ぎ、両サービスのユーザー同士をオンラインでつなげて自宅で「桜の苔玉」を見ながら料理や会話をともに楽しむ「オンラインお花見イベント」を開催した。

オンラインお花見会(参加者)
オンラインお花見会(参加者)

 ヴァズとGreenSnapの運営スタッフ各1名を幹事として、合計7名が参加。参加者同士が離れていても一緒にいるような体験が味わえるよう、GreenSnapが販売する「桜の苔玉」と、協賛メーカー各社の提供によるビールやおつまみをパッケージにした「おうちでお花見体験キット」を事前に届け、本イベントに臨んでもらった。イベント当日はオンライン会議システムで参加者同士をつなぎ、料理や植物について、参加者同士でアプリの枠を越えた会話が生まれた。ヴァズではこのオンラインイベントを経て、これまでとは違った「新しい体験共有の形」が生まれた手応えを感じている。

乾杯でスタートし、作った料理、家の植物の話題で盛り上がる。
乾杯でスタートし、作った料理、家の植物の話題で盛り上がる。

 参加者からは「料理や植物の話題で知らなかったことを聞きあえて楽しかった、もっと話したかった。」「在宅勤務でひとりの時間が多く寂しかったけど、みんなで飲み会をしているような一体感があった。」「お花見体験キットが届いて、桜が咲くのを待ったり何をどう料理しようか考えている時間も楽しかった。」といった感想があがった。

 また、協賛メーカーからは「毎年、スナップディッシュさんとWEBキャンペーン『お花見グランプリ』を開催していますが、このような状況下、オンラインで参加いただけるお花見にもご協力ができてよかったです。今後もお客様と様々な接点でのつながりを大切にしたいと思います。」(ヤマサ醤油株式会社)との声が寄せられた。

 ヴァズでは、このオンラインイベント開催をきっかけに「お花見」のみならず、メーカー主催イベントのオンライン開催や、工場見学のオンライン体験共有の支援をおこなっていく。このことにより、食の体験作りを通じた生活者とメーカー間のエンゲージメント向上とファンマーケティング拡大を目指す。

協賛企業一覧(※五十音順)

「おうちで花見体験キット」は、“自粛モードの今こそ、春ならではの楽しい⾷体験を提供したい”という主催者の思いに各社が賛同し、提供された。

おうちでお花見体験キット

おうちでお花見体験キット
  • オイシックス・ラ・大地株式会社:らでぃっしゅぼーや「ラップで作る手作りソーセージセット」
  • サントリーコミュニケーションズ株式会社:「ザ・プレミアム・モルツ」、「最新型 神泡サーバー2020」
  • マルコメ株式会社:「プラス糀 発酵ぬかどこ」
  • 森永乳業株式会社:「フィラデルフィア The Double 6P (クリームチーズ&チェダーチーズ)」、「クラフト もちもちきなこ6P –黒みつ仕立て-」
  • ヤマサ醤油株式会社:ORIENT WINDMIL「ポップコーン焦がし醤油風味」