本から抽出した言葉をコーヒーと楽しむ「猿田彦珈琲」がオープン 店内にはモーショングラフィックスも

2019/09/24 12:40

 猿田彦珈琲は、2019年9月27日(金)に「猿田彦珈琲 誠品生活日本橋店」をオープンする。

 台湾でのパートナーである誠品生活のCOREDO室町テラスへの日本初出店となる同フロアにオープンする「猿田彦珈琲 誠品生活日本橋店」は、ブックディレクター幅允孝(はばよしたか)氏が総合プロデュースを手がけ、「コーヒーと言葉」をテーマとした、新しいコンセプトの店舗として誕生する。

 空間全体を用いた作品「DRIP WORDS -言葉の抽出-」が採用され、幅氏がさまざまなジャンルの本からピックアップした39個の言葉を、モーショングラフィックスとサインデザインの手法により店内に表現。新しいコーヒー体験を提供する。

 店舗設計は、建築家の藤井亮介氏、モーショングラフィックスは、ライゾマティクスデザインが担当した。

「DRIP WORDS -言葉の抽出-」とモーショングラフィックス

小説・児童文学・漫画・アートブックに至るまで、様々な本の中から印象的な言葉を抽出し、今までにない表現方法でお客様へ届ける猿田彦珈琲の新しい試み。本のページを開かずとも、印象的な言葉が視界に入ってくる仕掛けとして制作した。

天井やテーブルへの斬新な映像投影に加え、店内のあちらこちらに散りばめられた言葉が豊かなコーヒーの時間を彩る。