LINEリサーチ、脳活動を計測して潜在意識を可視化する新メニュー「ニューロリサーチ」の提供を開始

2019/10/09 13:30

 LINEは、同社が提供するスマホ時代のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」において、脳科学の知見と技術を軸にソリューションを展開するNeUと協業し、脳活動の見える化技術を用いた新メニュー「ニューロリサーチ」の提供を開始した。

 調査対象者の脳活動をはじめとした生体信号計測による直感的な反応を数値化することで、言葉での表現が難しいような感覚的な違いや、無意識的な反応の定量化・客観化を行う。

 同メニューは、広告クリエイティブや購買行動、商品企画などモノづくりからマーケティングまで幅広い分野で活用が見込める。

 たとえば、CMやキャンペーン動画を視聴している人の脳血流量の計測(NIRS)やアイトラッキングを活用することにより、「興味関心の有無」「記憶に関わる領域の活性具合」や、「気分・印象」「快/不快」などの感性を可視化することで、潜在的な嗜好を把握できる。また、アンケートやインタビューなどと同メニューを組み合わせることで、より深い調査を行うことも可能になる。

 なお、調査実施にあたっては、調査内容の設計からフロー作成、モニターのリクルーティング、調査当日の運営までをパッケージとして、同社が主体となって提供する。