フラー、長岡花火の国内外向けプロモーション動画を制作 支え手の人々や観客に焦点

2020/02/12 12:40

 モバイル関連の事業展開を行うフラーは、長岡花火財団が主催する長岡まつり大花火大会(以下、「長岡花火」)の、国内外向けプロモーションを目的とした動画を制作した。

 同社は長岡花火財団と連携し、長岡花火のプロモーションを目的にした長岡花火公式アプリを開発しており、2019年夏の大会で配信3年目となった。

 今回、両社が制作したのは、普段見せている華やかな面ではなく、長岡花火という文化を愛する長岡市民を中心とした支え手や観客にスポットを当てた作品。花火の準備をする花火師やスタッフ、打ち上げを楽しみに河川敷に向かう観客の姿など、素顔の長岡花火を伝えている。

 長岡花火では、花火だけでなく、浴衣に神輿、縁日のさまざまな出店など、日本の伝統的な夏のコンテンツを体験できる。今回の動画では、海外からの観光客にも体験してもらいたいという想いから、それらの魅力も伝わるような構成になっている。

 動画は、本編(3分24秒)とSNS編(30秒)の2種類。本編は長岡花火公式Youtubeチャンネルで、SNS編は公式instagramアカウントやtwitterアカウントで公開している。また今後、国内外のプロモーションでも上映する予定。