P&G、フラワーデザイナーと共同開発した新「レノアハピネス」新CMのオンエアを開始 吉岡里帆さんを起用

2020/02/28 11:10

 P&Gは、贅沢な香りを楽しむ柔軟剤ブランド「レノアハピネス」を「まるで本物の花の香り」のコンセプトのもとリニューアルし、2020年3月上旬より発売。

 それにともない、女優の吉岡里帆さんを起用した新CM「レノアハピネス まるで本物の花の香り篇」を3月1日(日)より全国でオンエアを開始する。本CMは、2月1日より放映しているティーザーCMに続く本篇CMとなり、ティーザーCMにて吉岡さんが臨んでいた実験の様子を公開している。

 ティーザーCMでお花の部屋と洋服の部屋を前に「おぉ~!」と登場し、目隠しを始めていた吉岡さんが臨んだ実験は、「目隠しをしながらレノアハピネスと本物の花の香りの違いがわかるか」の実験。本篇ではその様子が吉岡さんらしい無邪気なリアクションとともに公開されている。

 さらに、本編CMが公開される前日2月29日(土)の新聞広告のアイディアは「Reborn」。翌日(3月1日)から新TVCMがオンエアとなる「生まれ変わったレノアハピネス」のイメージを、柔らかい布に包まれて眠る「純粋無垢な吉岡里帆さん」が体現する。

 レノアハピネスは、華やかな香りをもたらすアロマが心地よく香る柔軟剤シリーズ。新しいレノアハピネスは、フラワーアーティストの竹内陽子さん監修のもと「まるで本物の花の香り」を目指し開発された。

 本製品および、ボトルデザインの監修を務めた竹内陽子さんのコメントは下記のとおり。

「実際に、異なる配合で洗った複数のタオルの香りや、柔軟剤自身の香りをかぎ分け、どれが本物の花の香りに近いか?を選別するなどの工程を経て開発を行いました。また、ボトルデザインと香りの連動にもこだわり、ボトルのお花も実際の香りを元に花を選び、本物の花の香りをボトルに閉じ込めるようなイメージを連想させるハーバリウムをモチーフにデザインしております。実際に使ってみて、思ったとおり、本物の花のような香りを実現できたと自負しています。自信を持って皆様にお薦めしたいです」

▼新聞広告クリエイティブ (発行日:2月29日(土)付 読売新聞全国版朝刊)

『生まれたばかりの花のように。
 咲いたばかりの花のように。
 みずみずしく、純粋で、やわらかな。
 レノアハピネスは、
 まるで本物の花の香りへ
 生まれ変わります。
 「めちゃくちゃいい匂いしますよっ」 吉岡里帆 』