UIUX視点で見る、タイポグラフィとフォントの話

UIUX視点で見る、タイポグラフィとフォントの話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルプロダクション「factory4」でアプリやさまざまなIoTプロジェクトのUIUXデザインを手がける新谷友樹さんが、UIやUXにまつわるトピックについて解説する本連載。今回のテーマは「フォント」です。

 こんにちは!株式会社Cosmowayが組織するデジタルプロダクション「factory4」のUIUXデザイナー新谷です。

 UIUXデザイナーは、ユニバーサルなデザイン原則とダイバーシティを考慮したデザインの重要性を理解する必要があります。あらゆるユーザーにとって使いやすいインターフェースを提供し、ユーザー体験を向上させるためです。これらを満たせない場合、マーケティング調査、サイト解析、リサーチなどによって得たニーズを特定したとしても、快適なUXを提供することができなかったり、課題が改善されなかったりする可能性もあります。

 ユーザーの感情や心理を考慮し、ストレスを感じさせる要素を避けること。そして喜びや満足感を引き出すデザインを心がけることが重要です。これにより、より快適なユーザー体験を実現し、コンテンツを快適に利用してもらえるようにします。

 今回は、そういったユーザー体験に大きな影響を与える「フォント」の重要性にフォーカスしています。

なぜフォントが重要なのか

 フォントは単なるテキストやデザインの見栄えを担保するだけでなく、サービスや情報、プロダクト独自の世界観をユーザーに伝える重要な役割を果たしています。物理的な掲示物や広告だけでなく、最近ではインターネットを通じて提供されるあらゆるサービスやプロダクトでも、「文字」はユーザーとのタッチポイントとしても、ブランドデザインを考えるうえでも非常に大切です。

 フォントの特性を改めてまとめると、次の5つに集約できると考えています。

可読性と理解性

適切なフォントを選択することでテキストの読みやすさを向上させ、ユーザーが情報をスムーズに捉えることができるようになります。

ブランドの表現

ブランドの個性やメッセージを表現する手段としても機能します。ブランドのアイデンティティやスタイルにマッチするフォントを選択または作成することで、ユーザーにブランドの特徴や価値を伝えることができます。

視覚的な魅力

サービスやデザイン全体の視覚的な魅力に影響を与えます。適切なフォントの組み合わせやスタイリングによって、デザインの美しさを強調したり洗練された印象を与えたりするだけでなく、サービスの世界観を提供することも可能です。

ユーザー体験の向上

最適なフォントの選択は、UX全体を向上させるのに役立ちます。ユーザーが快適にコンテンツを閲覧し、必要な情報に簡単にアクセスできるようにするために、フォントのスタイル、サイズ、配置などを適切に設計することが大切です。

アクセシビリティ

アクセシビリティの観点でもフォントは重要です。適切なフォントを選ぶことは、視覚障がいのあるユーザーや読みにくさを感じることがあるユーザーにとって、コンテンツにアクセスしやすくするときに役立ちます。

 このように、フォントは単なる文字の表示手段にとどまりません。ブランドのアイデンティティやメッセージの伝達、ユーザー体験の向上、そしてアクセシビリティの確保において重要な役割を果たしています。そのためデザイナーは、さまざまな種類のフォントを選択したり配置したりする際、慎重に行う必要があります。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。