FABRIC TOKYO、3Dスキャン採寸でジーンズをオーダーできる『STAMPβ』の無人店舗を新宿店内に開設

2019/11/13 12:30

 オーダースーツD2CブランドのFABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)は、3Dスキャンによる採寸でジーンズがオーダーできる新サービス『STAMPβ』の新店舗をFABRIC TOKYO新宿店内にショップ・イン・ショップ形式で正式オープンする。

 STAMPは、クリエイティブ・ワーカーのためのオーダーカジュアルウェアを提供するD2Cブランド。「More Than Fit」をコンセプトに、テクノロジーを活用して理想的な洋服の購入体験を実現、まったく新しいブランド体験の提供を目指す。3Dスキャナ技術による採寸を用い、無人型店舗にてオーダージーンズを購入できる体験を提供。また、ユーザーはいちどクラウド上にサイズデータを登録すれば、次回以降ウェブから自分にフィットした製品を購入することができる。

 STAMPβは完全招待制のブランド。既に購入済みのSTAMPユーザーに発行される招待カードを受け取った人のみサービスを利用することができる。また、Waiting Listに事前登録することで定期的な招待枠に応募することも可能。Waiting Listから、1日10組限定で随時招待を予定している。

 9月のブランドローンチ後に100名を限定招待して期間限定ポップアップストアを実施。次回の招待に向けて約1,000名がWaiting Listに事前登録しており、これを受けて今回の正式オープンが決定。ポップアップストアで検証を重ねた結果、ユーザー自身で3Dスキャナを使って採寸できる無人型店舗が実現した。

 今後はジーンズだけでなく、さまざまなカジュアルウェアのリリースを予定している。