著者情報

  • 株式会社リチカ RICH CONTENTS LAB 所長 毛利直矢

    2011年に大学卒業後、モバイルコンテンツ会社入社、COOに就任後、アプリ事業への転換を主導し、27歳で独立。2017年、代表松尾と同郷同級生の縁もあり参画、動画生成スマートエンジン「リチカ(RICHKA)」の構想から携わりCS組織を立ち上げる。現在は、R&Dを担うラボの所長とリチカタイムス編集長。自身で動画広告設計の「AIBAc」を開発するなどリッチコンテンツの未来を担う複数のプロジェクトをリードする。

執筆記事

2021/02/18

勝ちパターンにたどり着くために 動画広告のクリエイティブにおけるPDCAの回しかたとは

 本連載のテーマは、「動画広告のクリエイティブ制作」。「動画広告のクリエイティブを依頼されるケースが増えてきたものの不安がある」、「以前制作したクリエイティブで効果がでなかった」といった動画広告のアレルギーを解消していきます。本連載をとおして、動画広告に関するモヤモヤを晴らしていただけると嬉しいです。第4回のテーマは「PDCAの回し方」についてです。

2021/01/27

動画広告で成果をだすために クリエイティブに必要な「配信面」と「見せかた」のコツ

 本連載のテーマは、「動画広告のクリエイティブ制作」。「動画広告のクリエイティブを依頼されるケースが増えてきたものの不安がある」、「以前制作したクリエイティブで効果がでなかった」といった動画広告のアレルギーを解消していきます。本連載をとおして、動画広告に関するモヤモヤを晴らしていただけると嬉しいです。第3回のテーマは「配信面と見せかた」についてです。

2020/11/25

デザインでも素材でもない 動画広告クリエイティブでもっとも力を入れるべき要素とは

 本連載のテーマは、「動画広告のクリエイティブ制作」。「動画広告のクリエイティブを依頼されるケースが増えてきたものの不安がある」、「以前制作したクリエイティブで効果がでなかった」といった動画広告のアレルギーを解消していきます。本連載をとおして、動画広告に関するモヤモヤを晴らしていただけると嬉しいです。第2回のテーマは「動画クリエイティブにおけるコピー」についてです。

2020/10/16

SNS広告成功のカギはクリエイティブ 動画生成スマートエンジン「RICHKA」の担当者が解説

 本連載のテーマは、「動画広告のクリエイティブ制作」。動画広告のクリエイティブを依頼されるケースが増えてきたものの不安がある、以前、制作したクリエイティブで効果がでなかった、といった動画広告のアレルギーを解消していきます。本連載をとおして、動画広告に関するモヤモヤを晴らしていただけると嬉しいです。

4件中1~4件を表示

戻る