スタートアップスタジオに学ぶ ビジネスの急速な成長を促すふたつの秘訣

 レイ・イナモトさんが2016年にニューヨークで創業し、今年2019年の7月に東京オフィスを設立した「I&CO Tokyo」の共同代表・間澤崇さんによる連載。アクセンチュアのコンサルタントとしてさまざまな企業戦略を手がけてきた間澤さんが、ビジネスでも必要不可欠なデザインが持つ役割や効果を紐解くことで、クリエイターがビジネスというフィールドで戦っていく武器とその効果的な使用法を、全3章でお伝えします。第3回となる今回は、第1章「ビジネスにおけるデザインの役割」の最終回、「スタートアップスタジオの今とこれから」です。

 第1回は、古今東西の「発明」から学ぶことで、デザインはすでに何百年と前からビジネスの中に内包されており、それはすでにしっかりと機能していたことを紐解きました。そして、現代におけるデザインとは製品やサービスの色や形といった表層的なことだけではなく、システムへの貢献(社会実装)ができているかがカギだということをお伝えしました。

 第2回は、社会実装をしていくうえでの「ビジネスを成長させる原動力」について、現代デザインに大きな影響を与えたバウハウスを題材として、今日のビジネスを創る秘訣を探りました。ビジネスとは「理念」を形に起こし、社会に実装していくことです。バウハウスやウォルト・ディズニーがそうであるように、社会をより豊かにするために信じることを、仲間とやり抜く活動でもあるのです。

 そして、全8回の第1部完結にあたる、第3回は、「スタートアップスタジオの今とこれから」という内容で、急速な成長を遂げる企業や事業を支えるスタートアップスタジオという新しい役割の会社に焦点を当てたいと思います。そこにはスタートアップを支えるあらゆる資源が備わっており、まさに「理念」を具現化するお手伝いをしています。今回は、未来のビジョナリー・カンパニーを生み出す原動力に迫りたいと思います。

スタートアップとは何か

 まずスタートアップスタジオのお話しをする前に、スタートアップとはそもそも何なのでしょうか。スタートアップは「立ち上げ」を意味し、「新しいビジネスモデルによって急速に成長している企業や事業」のことを指します。スタートアップはアメリカの西海岸で多く立ち上がり、時代の変遷とともにその業種や業態を変えながら、今日でもさまざまな領域で大きな影響力を持っています。

 よく似たような言葉に「ベンチャー」という言葉がありますが、ベンチャー企業という言葉自体は和製英語で、ベンチャーキャピタルが投資している企業という意味合いから作られました。ここから、ベンチャーという言葉には投資を必要としている観点から、比較的小規模なビジネス、すなわちスモールビジネスを指します。

 スタートアップは急速に成長している企業・事業という点でその規模は問いません。一方でベンチャーは小規模な企業・事業のことを指します。今回お話ししたいのは企業や事業の大小ではなく、その規模によらず「急速に成長」する、その原動力に迫りたいのです。

素晴らしい一皿を生み出すために

 スタートアップの定義が定まったところで、いよいよ「スタートアップスタジオ」に迫りたいと思います。スタートアップスタジオを理解するうえではよく「ハリウッドスタジオ」が例に挙げられますが、昨年ヒットしたテレビドラマをモチーフに、ミシュラン三ツ星を目指すレストランで例えてみます。

 ミシュラン三つ星を獲得することは、とても難しく、レストランオーナーの想いだけで星が取れるものではありません。良いレストランを作りたいという想いがどれだけ熱いものであっても、それを実現したうえで客観評価であるミシュラン三ツ星を獲得するには、プロフェッショナルの集結が不可欠です。また、状況に合わせて舵を切るスピードも欠かせません。

 スタートアップスタジオを「ミシュラン三ツ星を目指すレストラン」にあてはめて説明すると、まず誰よりも熱い想い(=理念)をもったオーナーが必要です。ただ、オーナーの情熱だけで最高峰のレストランは完成しません。確かな技術と独創性で抜群の味を生み出すシェフ、求められているワインを選ぶソムリエ、顧客に最高の体験を提供する給仕係、その魅力の宣伝とそれらを賄う資源――。素晴らしいレストランを作るためには専門性と資源、それに裏打ちされたスピード感のすべてが必要となります。

 スタートアップスタジオは、まさにそれを事業としてサポートする組織です。世の中には情熱をもった起業家やビジネスマンが大勢います。ただし、彼らには準備のための時間と資源が十分にないのが実情です。そこでスタートアップスタジオは、時にその準備を支援し、そのための人的・経済的な資源を提供することで、急速に成長することを手助けするわけです。それにより、起業家やビジネスマンは新しいビジネスを作り、グロースすることに専念できます。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。