マネージャーはいない プレイドにおけるデザイナーの役割とそのマインドとは

マネージャーはいない プレイドにおけるデザイナーの役割とそのマインドとは
2019/11/22 08:00

 企業のデザインチームを取材する本企画、今回は株式会社プレイド。自社サイトやアプリのユーザーをリアルタイムに解析し、「一人ひとりに合わせた体験づくり」を可能にするCXプラットフォーム「KARTE(カルテ)」を企業向けに提供している。自社プロダクトとは直接関係のない広義の「CX(顧客体験)」をテーマに大型イベントやメディアを運営し、先日は季刊誌「XD MAGAZINE」の刊行も発表された。日本におけるCX向上を意識した事業活動の浸透に強い覚悟を見せているプレイドだが、果たして自身はどのように顧客と向き合っているのだろうか。そして、デザイナーはどのような役割を果たすのだろうか。プレイドの中で異なる部署に所属する3人のデザイナーに聞いた。

デザイナーという曖昧な枠組みのなかで

 GINZA SIXにあるオフィスは、一切の壁が存在しないため、その大きさ以上に広さを感じる。この中で働く社員140名のなかで、デザイナーは10名。大きくは、プロダクトとビジネスのふたつの部門にわけられ、さらにビジネスの中でマーケティングチームとカスタマーサクセスチームにデザイナーが所属する。

 もっとも多い6名のデザイナーが所属するのはプロダクトチーム。プレイドの根幹となるサービス「KARTE」のUI設計を担当する。

 一方ビジネスの中で、3人のデザイナーを有するマーケティングチームは「KARTEの魅力を世の中に伝え、知らない人に興味を持っていただく」ことを目標に、新規顧客獲得に向けたイベントやサービスサイトの企画・制作・運用、オンライン・オフライン問わず広告の企画・制作から営業サポートまで幅広く行う。今回話を聞いた中では、稲葉航さんがその所属ではあるが、もともとはデザイナーとして入社したわけではないという。

「受託制作会社でのクリエイターとしての経歴はありますが、プレイドにはビジネスサイドの人間として入社しました。でも、気がついたらデザインチームに入っていたんですよね」(稲葉さん)

株式会社プレイド Marketing 稲葉航さん
株式会社プレイド Marketing 稲葉航さん

 プレイドのデザインチームは、広義の「デザイン」というスキルを持った人が、ナレッジを共有していけるように作られたゆるやかな枠組みのチームであり、上下関係などはないのだという。稲葉さんの肩書きは今でもマーケターだ。ただし必要であれば、デザイン業務も行う。

「僕も将来的には、デザイナーの肩書きが消えるくらいビジネスに強くなりたいと思っています。デザインは『能力の一要素』くらいに捉えていきたくて。」(右田さん)

 そう語る右田祐二さんは、マーケティングチームとプロダクトチームを経験した後、今年の7月からはデザイナーとして初めて、KARTEのオンボーディングやプロダクト周辺の体験設計などを行うカスタマーサクセスチームに自ら異動した。社内で今もっとも重要で、課題がある。と思ったところには積極的に関わっていくスタンスだからだ。

株式会社プレイド Designer 右田祐二さん
株式会社プレイド Designer 右田祐二さん

チームを2ヵ月で組み直す「Focus」という仕組み

 プレイドのプロダクトチームは、その特徴のひとつとして、2ヵ月ごとにプロジェクト単位でチームを変えていく「Focus」という仕組みを採用している。今年1月に入社した木村和寛さんはこのチームに所属し、デザイナーの立場からプロダクトの改善を行っている。

「2ヵ月という区切りがあることで、プロジェクトは集中して進めやすくなっていると思います。ただ、2ヵ月というのは目安なので、まだ続けた方が良い場合には延長することもありますし、かなり柔軟な仕組みです。都度、開発チーム全体でそれぞれの取り組みについて発表する機会もあり、わかりやすい目標になっていいですね」(木村さん)

株式会社プレイド Designer 木村和寛さん
株式会社プレイド Designer 木村和寛さん

 2ヵ月ごとに担当プロジェクトもチーム構成も変わるというのは、無駄な作業を省き、フレッシュさを保つ良い効果がありそうだ。しかし、デザイナーだけでも6名、エンジニアやディレクターを合わせると37名ほどのプロダクトチームを2ヵ月ごとに担当わけしていくことは容易ではないだろう。

 しかも驚くことに、プレイドには140名ほどの社員の中でマネージャーと呼ばれる役割はないのだという。

「PMやリーダーの役割でプロジェクトを引っ張る存在はいても、それはいわゆる管理職と呼ばれるものではなく、あくまでプロジェクトを成功に導くための”役割”として存在するだけです。僕らもみんな、管理されているとは思っていません」(右田さん)

 一方、マネージャーがいないことや「フラットな組織」などはすべて、その時々に最速で事業を進捗させるための「手段」というのがプレイドのスタンスで、常に変化するという前提が全社で共有されているという。

「事業を進捗させるために、個人が最大限の能力を発揮する環境が必要という考えの元、今のチームや組織があるんだと思います。個の力がめちゃくちゃ大事という話は、CPOの柴山もよくしていて。だから、チームの目標に向かって個々人がまずはベストを尽くすことを考える。それを最大化するためにチームワークを活用するイメージです。圧倒的に自立や自走が求められる環境ですね」(木村さん)

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。