著者情報

  • 奥田将史

    新卒で大手コンサルティングファームに入社。その後、アート業界に転職し、パリ・ドバイ・香港でのアートフェアや文化事業に携わる。アートのビジネスモデルに課題を感じ、ビジネスを根本から学び直すため再度コンサルティングファームに転職。デジタルマーケティングやNewTech関連の新規事業支援に従事するかたわら、イベント運営やアート企画に積極的に関与し、ビジネスとアートの接点を探求している。

執筆記事

2021/01/05

アートにおける「再現性」とは アートがより社会に浸透するために必要なこと

 本連載のテーマは「ビジネス×アート」。コンサルティング会社に勤務するかたわら、アートの作品制作に関するワークショップへの参加、イベント運営などを積極的に行う奥田さんとともに、アートとの関わりを探ります。第7回では、アートがこれからの日本に浸透するために必要なことについて考えていきます。

2020/12/08

アートは、ビジネスや社会とどのように交わっていくのか その可能性に関する考察

 本連載のテーマは「ビジネス×アート」。コンサルティング会社に勤務するかたわら、アートの作品制作に関するワークショップへの参加、イベント運営などを積極的に行う奥田さんとともに、アートとの関わりを探ります。第6回では「ビジネスや社会とアートの交わり」について考えていきます。

2020/11/02

観る人も作品の一部 鑑賞者の視点から見える、アートとチームコミュニケーションの関係

 本連載のテーマは「ビジネス×アート」。コンサルティング会社に勤務するかたわら、アートの作品制作に関するワークショップへの参加、イベント運営などを積極的に行う奥田さんとともに、アートとの関わりを探ります。第5回では、作品の鑑賞者の視点から、作品との関わりかたとコミュニケーションについて考えていきます。

2020/10/01

アート作品の価値を高める人々から学ぶ、これからのキュレーション

 本連載のテーマは「ビジネス×アート」。コンサルティング会社に勤務するかたわら、アートの作品制作に関するワークショップへの参加、イベント運営などを積極的に行う奥田さんとともに、アートとの関わりを探ります。第4回では、ギャラリストやキュレーターといったアーティスト以外のステークホルダーから、ビジネスに活かせるポイントについて考えていきます。

2020/09/04

仕事でもオリジナリティを発揮できるのか 自己表現やキャリアの重ねかたについて考える

 本連載のテーマは「ビジネス×アート」。コンサルティング会社に勤務するかたわら、アートの作品制作に関するワークショップへの参加、イベント運営などを積極的に行う奥田さんとともに、アートとの関わりを探ります。第3回のテーマは、「仕事における自己表現とキャリア」です。

2020/08/14

アート思考を養うには 「描くこと」を起点にビジネスとアートのつながりを考える

 本連載のテーマは「ビジネス×アート」。コンサルティング会社に勤務するかたわら、アートの作品制作に関するワークショップへの参加、イベント運営などを積極的に行う奥田さんとともに、アートとの関わりを探ります。第2回のテーマは、「アート思考の養いかた」です。

2020/07/06

[新連載]アートを学んだことでコンサルスキルが伸びた理由――ビジネスとアートの接点とは

 本連載のテーマは「ビジネス×アート」。コンサルティング会社に勤務するかたわら、アートに関するワークショップへの参加、イベント運営などを積極的に行う奥田さんとともに、アートとの関わりを探ります。初回となる今回のテーマは、「実体験をもとにしたビジネスとアートの接点について」がテーマです。

7件中1~7件を表示

戻る